×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手掛けた住宅の紹介 リフォーム にゃんぷさん RSS配信中
サイディング外壁塗装:4回塗り
屋根塗装:3回塗り
外部修理:サイディング張替え等
<羽村市 築20年>
羽村市 築20年:塗替え工事前
塗 替 え 工 事 前
羽村市 築20年の住宅です。

サイディング外壁の住宅で、塗り替え時期の経過により、
サイディングの劣化や破損箇所があります。

破損箇所はお客様自身で鉄板を張る等の補修をされています。
補修後に塗装をされていますが、不十分なため当社での工事となりました。

補修と張替えを行ってから塗装へ移ります。

元の塗装が水性塗料を使用されているので、
剥離防止のために同じ水性塗料を使用します。

外壁塗装4回塗りで行います。
羽村市 築20年:塗替え工事後
塗 替 え 工 事 後
屋根へも塗装を行います。

劣化による痛みが見られるので、補修を行ってから塗装を行います。

屋根塗装3回塗りで行います。

ベランダ床は防水塗装を行います。

その他、破風板、軒天、雨戸等も塗装を行います。
[ 外 部 修 理 ]
サイディングの補修
サイディングの締め付け
サイディングの締め付け
塗替え時期の経過で塗装の保護効果が低下しています。

外壁で使用されている"窯業系サイディング"水分を吸収し易い外壁材です。
保護効果低下で雨水を吸収する様になります。

水分を含んだサイディングは"膨 張"して"下地から浮いた状態"になります。

下地とサイディングの間に隙間ができて、
そこへ雨水浸入による"雨漏りを起こす原因"に繋がります。

  スクリューボルトを使用して下地へ締め付けていきます。
[ 外 部 修 理 ]
サイディング張替え
破損したサイディングの除去
サイディングの除去後
サイディングの張替え
サイデイングの張り付け
継ぎ目へのシーリング処理
継ぎ目へのシーリング処理
住宅の外壁角部のサイデイングが、
劣化により破損しています。

この部分は"張替え"を行います。

傷んだサイディングボードを
取り除きます。

住宅の下地が見えました。。
新しいサイディングボードを、
住宅の形状に加工します。

  スクリューボルトで固定します。

締め付け同様に確実に固定します。
張替え後にサイディングの継ぎ目へ、
シーリング材を注入します。。

他の継ぎ目も確認して、
劣化箇所は再処理を行います。

補修、張替え後に塗装を行います。
[サイディング外壁塗装]
4 回 塗 り
下塗り:水性ミラクシーラー
下 塗 り: 水性ミラクシーラーエコ
中塗り:パーフェクトサーフ
中 塗 り:パーフェクトサーフ
上塗り:水性シリコンセラUV
上塗り:水性シリコンセラUV
高圧洗浄で汚れを洗い流します。

下塗りで「水性ミラクシーラーエコ」
を1回塗ります。

下地へ上塗り塗料の定着を良くする
"繋ぎ効果"のある下地材です。
中塗りで「パーフェクトサーフ」
を1回塗ります。

外壁の"凹凸を整える効果"と、
"下地の色透け防止効果"があります。
 
サーフェーサーと呼ばれる物です。
上塗りで「水性シリコンセラUV」
を2回塗ります。

水性ですが耐久性のある、
シリコン系塗料です。
セラミック配合で汚れの付着を、
抑制する効果があります。

計4回塗りでの外壁塗装でした。
[ 屋 根 塗 装 ]
3 回 塗 り
棟包みの締め付け
棟 包 み の 締 め 付 け
釘部へのシーリング処理
釘部へのシーリング処理

棟 部 分 の 補 修 後
屋根頭頂部の"棟"部分の補修です。

棟を保護する"棟包み(棟板金)"
固定する釘が劣化しています。

緩みは打ち付けて、
破損箇所は新たに固定します。
金属製なので"錆止め塗装"をします。

「ハイポンファインプライマーⅡ」
を使用して錆止めを行いました。

棟包みを固定した"釘部"
"シーリング処理"を施します。

釘の隙間から雨水浸入による、
"雨漏り防止"のためです。
錆止め、シーリングが乾燥したら、
棟部の補修は完了です。

  この後に塗装へ移ります。

棟部補修前には高圧洗浄により、
汚れを洗い流しています。
屋根塗装
屋 根 の 塗 装 の 様 子
屋根塗装後
屋 根 塗 装 完 了 後
使用した塗料
仕上げ塗装で使用した塗料
下塗りで「1液ベストシーラー」
を1回塗ります。

  下地と上塗り塗料との"繋ぎ効果"
のある下地材です。 
上塗りで「ファインシリコンベスト」
  を2回塗ります。

紫外線に強く耐久性のある、
屋根用シリコン系塗料です。
計3回塗りでの屋根塗装でした。

この後に屋根塗装後に行う、
大切な工程があります。
縁切り
コロニアル屋根への縁切り
コロニアル型の薄型平瓦敷きスレート屋根には、
「縁 切 り」を行わなければなりません。

屋根材同士の隙間に塗料が入り込んで塞ぎます。

その塗料が雨水を屋根内部へ吸い上げます。
これは"毛細管現象"によるものです。

浸入した雨水により"雨漏りを起こす原因"に繋がります。

皮スキを使用して塗料を剥がして隙間を開けます。

雨漏りの原因になるため大切な工程です。

今回の塗替え工事は以上です。
[工 事 内 容 詳 細]
[外壁塗装]
・架設足場を設置する・
・高圧洗浄を行う・
・サイディングの補修と張替えを行う・
下    塗    り
エスケー化研製 一液水性多機能型シーラー:水性ミラクシーラーエコ
1回

中    塗    り
日本ペイント製 サイディング改修用下地材:パーフェクトサーフ
1回

上    塗    り
日本ペイント製 1液セラミック変性シリコン塗料:水性シリコンセラUV
(色ND152)
2回

<計4回塗り>
[屋根塗装]
・高圧洗浄を行う・
・棟包みの再固定を行う・
・棟包みに錆止め塗装を行う・
日本ペイント製 2液型エポキシ錆止め塗料:ハイポンファインプライマーⅡ
を使用して錆止め塗装を行いました。
・釘部へシーリング処理を行う・
下    塗    り
日本ペイント製 1液特殊アクリル樹脂下塗材:1液ベストシーラー
1回

上    塗    り
日本ペイント製 シリコン樹脂屋根用塗料:ファインシリコンベスト
2回

<計3回塗り>
[ベランダ床の防水塗装]
・高圧洗浄を行う・
上    塗    り
東日本塗料製 アクリルウレタン塗膜防水材保護仕上げ材:弾性トップ14
2回

<計2回塗り>
[その他部分の塗装]
・破風板、軒天、霧除け、雨戸等・
日本ペイント製2液型ウレタン系塗料:ファインウレタンU100を主に使用して塗装を行っています
[外 部 修 理]
・破損しているサイデイングの張替え・
・サイディングの浮きが見られる箇所の締め付け・
・屋根金属製笠木部の補修・
 工事費総額 520,000円