×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手掛けた住宅の紹介 リフォーム にゃんぷさん RSS配信中
サイディング外壁塗装:4回塗り
外部修理:サイディング張替えと補修
<鶴ヶ島市 築17年26坪>
鶴ヶ島市 築17年26坪:塗替え工事前
塗 替 え 工 事 前
埼玉県 鶴ヶ島市 築17年の住宅です。

外壁にはサイディングが使用され、
塗替え時期の経過による劣化が見られます。

特に"ベランダ周辺"の外壁は、雨水を吸収して"膨 張"しています。

サイディング自体が傷んで「破 損」している状態です。

同じサイディングボードは製造されていないので、
ベランダ内部の目立たない部分と交換して調整します。

サイディング外壁4回重ね塗り塗装を実施します。
鶴ヶ島市 築17年26坪:塗替え工事後
塗 替 え 工 事 後
張替えを行わないサイディングも補修を行います。

劣化により"下地から浮いた状態"になっているので、
下地へと締め付けを行っていきます。

サイディング継ぎ目の"シーリング"も劣化しています。
劣化部分は旧シーリングを除去して"シーリング再処理"を行います。

今回は外壁のみで屋根の塗装は行いません。

その他、破風板、軒天、霧除け等も塗装を行います。
[ 外 部 修 理 ]
サ イ デ ィ ン グ ボ ー ド の 張 替 え
劣化したサイディング外壁
劣化したサイディング外壁
サイ剥がした状態
サイディングを剥がした状態
外壁内部の下地
外 壁 内 部 の 下 地
塗装の保護効果低下により、
サイディング自体が劣化しています。

窯業系サイディング自体は非常に、
水分を吸収し易い外壁材です。

雨水等の水分を吸収して"膨 張"し、
"外壁剥離"を起こしています。
サイディングを取り外しました。

"透湿防水シート"が見えます。

"湿気を通して水を通さない"
機能があるシートです。

基礎上に設置されてシート表面に、
カビが発生しています。
シートを取り外すと基礎が見えます。

住宅基礎への劣化は防げています。

外壁材自体の剥離が少なくても、
内部はここまでの状態になります。

この後、新しいサイディングを
取り付けて塗装へ移ります。
劣化したサイデイング
劣 化 し た サ イ デ イ ン グ
劣化で内部が腐食している
劣化で内部が腐食している
サイディングの張替え
サ イ デ ィ ン グ の 張 替 え
ベランダ内側のサイディングです。

下部の劣化が著しく、
"剥 離"も広範囲に広がっています。

触ると次々と崩れてしまう状態です。

非常に脆くなっています。
サイディングを取り外した状態です。

内部木材が腐食しています。

木材の原型が確認できない状態です。

腐食した木材を取り外して、
新しい材料に交換します。
透湿防水シートも張り直します。

新たにサイディングを取り付けます。

隣のサイディングと異なるのは、
同じ物が手に入らないためです。

住宅外側だと外壁の模様が異なり、
違和感が出てしまいます。
劣化したサイディング外壁
劣化したサイディング外壁
劣化で腐食した外壁内部
劣化で腐食した外壁内部
外壁自体の損傷が軽微だとしても
内部的には致命的の場合もあります。

今回は土台の木材が破損していた
箇所は交換が可能な所でした。

住宅の基礎自体が破損状態だと
住宅の強度も低下します。

少しの補修で済まなくなり
大規模な基礎修繕が必要になります。

早めの塗替えで防げます。
[ 外 部 修 理 ]
シ ー リ ン グ 再 処 理
劣化したシーリングの除去
劣化したシーリングの除去
再処理前のマスキング
再 処 理 前 の マ ス キ ン グ
シーリングの充填
シ ー リ ン グ の 充 填
サイディングボード同士の継ぎ目に
施された「シーリング」です。

シーリング自体も劣化により、
防水効果が低下します。

紫外線の影響で成分のシリコンが
"変 質"してしまいます。

変質により"収縮、硬化"します。
硬化すると温度変化による外壁の収縮
に対応できません。

隙間もできて、
"雨漏りの原因"となります。

劣化箇所のシーリングを除去します。

取り除いた溝を清掃します。
余計な箇所に付着しない様に
"マスキング"を施します。

継ぎ目へシーリング材を充填します。

乾燥後にマスキングを取り除きます。

シーリングの再処理が完了です。

この後外壁塗装へ移ります。
[ サ イ デ ィ ン グ 外 壁 塗 装 ]
4 回 塗 り
サイディング締め付け
サ イ デ ィ ン グ 締 め 付 け
パーフェクトサーフ
中塗り:パーフェクトサーフ
上 塗 り:ファインシリコンセラUV
上 塗 り:ファインシリコンセラUV
破損していないサイディングも、
劣化を起こしている状態です。

雨水が外壁に吸収され"膨 張"して
"下地から浮いた"状態になります。

下地と外壁の間に隙間ができて、
雨水が浸入し易くなります。

"雨漏りの原因"となります。

下地へスクリューボルトを使用して
締め付けていきます。
外壁補修前には高圧洗浄を行って、
汚れを洗い流しています。

下塗りで「エポMシーラー」
を1回塗ります。
下地へ上塗り塗料の定着を良くする、
"繋ぎ効果"のある下地材です。

中塗りで「パーフェクトサーフ」
を1回塗ります。
下地の"凹凸を整える効果"
塗装面の色味を覆い隠す"隠蔽効果"
のある下地材です。
上塗りで「ファインシリコンセラUV」
を2回塗ります。

1液タイプですが耐久性が高く、
紫外線に強い塗料です。

塗料の調合が必要無いので、
塗料余りや調合ミスが起きません。

計4回塗りでの塗装でした。
 そ の 他 部 分 の 塗 装、修理 
戸袋の修理
傷 ん だ 戸 袋 の 修 理
雨戸塗装:ファインウレタンU100
雨 戸 塗 装:ファインウレタンU100
外壁以外には「戸 袋」の外枠と雨避け
が破損している状態です。

内部への雨漏りは見られないので
補修して塗装を施します。

その他に破風板、軒 天、霧除け、
雨戸等も塗装を行いました。

「ファインウレタンU100」
を使用して塗装を行いました。

これで今回の塗替え工事は完了です。

[工 事 内 容 詳 細]
[ サイディング外壁塗装 ]
・架設足場を設置する・
・高圧洗浄を行う・
・劣化により破損しているサイディングの張替え・
・劣化により下地から浮いているサイディングの締め付け・
・サイディング継ぎ目のシーリング再処理・
下    塗    り
関西ペイント製ターペン系エポキシシーラー:エポMシーラー
1回
中    塗    り
日本ペイント製サイディング改修用下地材:パーフェクトサーフ
1回
上    塗    り
日本ペイント製ターペン可溶1液形セラミックシリコン塗料:1液ファインシリコンセラUV
2回

<計4回塗り>
[その他部分の塗装]
・破風板、軒天、霧除け、戸袋、雨戸、棟包み等・
塗装には主に 日本ペイント製2液型ウレタン系塗料:ファインウレタンU100
を使用しています
[外部修理]
・破損しているサイディングの張替え・
・劣化により下地より浮いているサイディングの締め付け・
・破損している戸袋の修理・
[サービス工事]
・当初予定していた箇所以外のサイディング張替え・
 工事費総額 520,000円