×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 サイディング外壁塗装4回塗り(1,2階塗り分け)、
  屋根遮熱塗装3回塗り+リフォーム(外部の修理)
           :新座市 築15年 30坪
施工前
     施 工 前
 新座市の築年数15年の住宅です。

 外壁はサイディングが使用されています。
 劣化によりサイディングの"浮き"が見られます。
 このまま塗装を行っても防水効果が期待できません。
 "締め付け"作業を行ってからの塗装となります。

 サイディング同士の境目の「シーリング」も劣化が見られます。
 再処理を行っていきます。
施工後
     施 工 後     
 今回は1階と2階では色の塗り分けによりアクセントを付けます

 屋根に対しては「遮熱塗装」を行います。
 太陽光の主に赤外線を効率良く反射することで、室温の上昇を
 防ぐ効果があります。
 夏場の冷房使用を抑えられて経済的かつ地球に優しいです。

 ベランダの床へは「防水工事」を施します。

 その他にも雨樋、雨戸、戸袋等も塗装を行います。    
      
        サイディング外壁塗装:4回塗り
サイディング締め付け
  サイディングの締め付け
 サイディング外壁の「締め付け」作業です。

 下地よりサイディングボード自体が浮いてしまっています。
 このままでは下地とサイディング外壁との隙間に雨水が侵入して、そのまま進むと
 
"雨漏り"の原因ともなります。

 塗装を行っても隙間への進入は防げませんのでこの作業は必要です。

 スクリュー釘を使用して外壁を締め付けていきます。
 全ての箇所を確認して行っていきます。

 
        とても大切な作業です。
シーリング処理
   シーリングの再処理
 サイディング外壁の継ぎ目に施されている「シーリングの再処理」を行います。

 塗替え時期を過ぎると塗装の効果が低下してシーリング自体も劣化を起こします。
 主に太陽光からの紫外線によりシーリング自体が変質して硬化を起こして収縮します。
 弾力を失ったシーリングは"シール効果"が弱まり、雨水の進入を防げなくなります。

 まず、劣化しているシーリングを取り除きます。
 そこへ外壁に余計なシーリングの付着を防ぐためにマスキングを行います。

 そこへシーリング材を充填します。
 シーリング材の硬化後にマスキングを取り除いて完成です。
 シーリング材はブリード現象を防ぐために「ノンブリードタイプ」を使用しています。
下塗り:エポMシーラー
  下塗り:エポMシーラ
中塗り:パーフェクトサーフ
 中塗り:パーフェクトサーフ
上塗り:クリーンマイルドシリコン
  上塗り:クリーンマイルドシリコン
 外壁の下地調整が終わり塗装へ移ります。
 高圧洗浄を行って汚れを落とします。

 まずは下塗りです。
 「エポMシーラー」を1回塗ります。
 下地と上塗り塗料との"繋ぎ"の役割が
 あります。
 次に中塗りを行います。

 「パーフェクトサーフ」を1回塗ります。
 外壁の凹凸を整えて塗料の定着を良くする
 "目埋め"の役割があります。

 サーフェイサーと呼ばれるものです。
 最後に仕上げの上塗り塗装です。

 「クリーンマイルドシリコン」を2回
 塗ります。
 セラミックを配合したシリコン系の塗料
 です。

 今回は1階と2階で色を塗り分けました。

 これで、外壁塗装が完了です。
        屋 根 遮 熱 塗 装:3回塗り
屋根トタン釘打ち
   笠木部の締め付け
 屋根の塗装前に補修を行います。

 まずは屋根の笠木部を保護して防水効果を持たせているトタン(カバー)を締め付けます

 塗装の効果が低下して固定している"釘"が劣化して、緩んでいたり破損している箇所が
 あります。

 緩みは締め付けていき破損箇所は新たに釘を打ち付けて固定していきます。
屋根釘部シーリング処理
  釘部へのシーリング処理
 笠木部の締め付け後に"釘部"に対して「シーリング処理」を行います。

 締め付けた釘との隙間から雨水が侵入して"雨漏り"を起こす事を防ぐためです。

 釘部へシーリング材で蓋をします。
屋根遮熱塗装
    屋根の遮熱塗装
屋根塗装完成
    遮熱塗装後の様子
屋根縁切り
     縁切り作業
 屋根の補修後に塗装を行います。
 高圧洗浄で汚れを落とします。

 今回は屋根へ「遮熱塗装」を行います。
 太陽光を効率よく反射して室内の温度上昇
 を防ぎます。

 まずは下塗りで「専用シーラー」を1回
 塗ります。
 下地と上塗り塗料との"繋ぎ"の役割です。

 仕上げの上塗り塗装です。
 「シャネツロック」を2回塗ります。 
 塗装後に「縁切り」作業を行います。

 今回の様な「コロニアル」屋根の場合に
 屋根材同士の隙間を塗料が塞ぎ、その塗料
 が"毛細管現象"で雨水を吸い上げます。

 それにより雨漏りの原因ともなります。
 大切な工程です。

 これで屋根の遮熱塗装は完了です。
            その他の塗装
雨戸塗装
     雨戸の塗装
霧除け塗装
    霧除けの塗装
使用塗料
   使用した塗料(一部)
 外壁や屋根以外にも塗装を行っています。

 雨樋、雨戸、霧除け等の鉄部、木部へ
 塗装を行いました。
 塗装には主にファインウレタンU100
 使用しています。

 ベランダへは防止工事も行いました。
 こちらは塗装に使用した塗料の一部です。

 以上で寛解の塗替え工事は完了です。
          工 事 内 容 詳 細
 サイディング外壁塗装4回塗り
  施工内容
   ・高圧洗浄をする。
   ・サイディングの浮きを締め付ける。
   ・サイディングの継ぎ目にシーリング処理を行う。
   ・下塗り:関西ペイント製 ターペン系エポキシシーラー:エポMシーラー 1回
   ・中塗り:日本ペイント製 サイディング改修用下地材パーフェクトサーフ 1回
   ・上塗り:エスケー化研製クリーンマイルドシリコン2液タイプ 2回

 屋根遮熱塗装3回塗り
  施工内容
   ・高圧洗浄をする。
   ・下塗り:日本ペイント製 下塗材 1液ベストシーラー(弱溶剤) 1回
   ・上塗り:ロックペイント製 高日射反射率塗料 シャネツロック 2液タイプ 2回
   ・縁切りを行う。
 
   その他塗装
   ・雨樋、雨戸、霧除け等
    主に日本ペイント製 2液型ウレタン系塗料 ファインウレタンU100を使用。
    鉄部へは下塗りに錆止め塗装で
      日本ペイント製 2液型エポキシ錆止め塗料 ハイポンファインプライマーU
を使用。
      
 リフォーム(シーリング処理、サイディング締付け、屋根補修)内容
  ・サイディングの締め付け。
  ・サイディング継ぎ目へのシーリング処理。

  ・屋根の補修(笠木部の締め付け)
  ・釘部へのシーリング処理。

 サービス工事
  ・ベランダ防水塗装
  ・網戸張替え 1枚
          工事費総額670,000円